キャンプファイヤーでキャンプを締めくくる?

キャンプファイヤーでキャンプを締めくくる?

キャンプファイヤーは、キャンプの締めくくりの行事として大変人気がありますね。
キャンプファイヤーは一緒にキャンプをしている団体が炎の周りに集まって歌を歌ったり踊ったりします。
キャンプに参加している団体によってキャンプファイヤーの内容は異なるのですが、多くはこの内容になっていると思います。
キャンプファイヤーは、火力の操作をするファイヤーキーパー、行事の司会をする人をエールマスターと呼びます。
学校でのキャンプは司会を行うのが引率の先生だったりしますね。
また、火力の調整をするのはキャンプ場の管理人だったりします。
きちんと名前が付いていることに驚きです!キャンプファイヤーは、火を扱うため河川や公園などの管理者の許可が必要な場合もあります。
また、安全のためにキャンプファイヤーが出来る場所をしっかり指定しているキャンプ場も少なくありません。
キャンプファイヤーにはたくさんの薪が必要となるのですが、この薪は水分を含んでいると不完全燃焼を起こしやすくなってしまい大変危険です。
不完全燃焼になると煙ばかりが発生してしまうのです。
また、よく炎が上がるように灯油やガソリンを撒くのは大変危険な行為となります。
炎が出ている中で引火性の強い燃料を使用すると思わぬ事故を招くことがあるので絶対にやらないようにしましょう。
キャンプファイヤーのレクで盛り上がるものを探している方は意外と多いようです!お子さんが多い場合、動き回るレクは危険なので避けるようにしましょう。
オススメは、キャンプファイヤーの炎が小さくなってきたときに花火をやってみてはいかがでしょうか。
実際に大人が近くにいれば火の取り扱いさえ気をつけるだけで結構楽しめますよ。
また、キャンプ中にあった出来事などを発表したり、楽器が得意な方が参加していれば拾った木や枝などで音楽を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

怖い話が平気だったら、そのキャンプ場にありそうな怖い話を勝手に作って話していくのも面白いですよ!怖い話は夏の醍醐味でもありますね。
レクや出し物については、インターネットや書籍で色々チェックすることができます。
レクを考えなければならないという方は、ぜひさまざまなメディアを利用して調べてみてはいかがでしょうか。
日本にはキャンプ場がたくさんあります。
学校や団体ではなく、家族でキャンプファイヤーを楽しみたいというご家庭も多いのではないでしょうか。
実際にキャンプファイヤーが出来るキャンプ場もたくさんあるのですが、こちらもインターネットを利用してみると案外見つけやすいようですね。
京都や岐阜、北海道、東京にもあります!キャンプだけを楽しむのも良いですが、やっぱり最後はキャンプファイヤーで締めくくりたいですね。

キャンプファイヤーでキャンプを締めくくる?関連ページ

キャンプ場はどう選ぶ?
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。
キャンプ用品は何を用意する?
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。
キャンプ料理は何を作る?
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。