キャンプツーリングをしてみよう

キャンプツーリングをしてみよう

キャンプツーリングは敷居が高いと思っている方がほとんどだと思います。
キャンプツーリングには何かトクベツな道具が必要だと考えている方も多いと思います。
ですが、キャンプツーリングは自分の出来る範囲で無理のない範囲で実行することができるのです。
キャンプツーリングに必要な道具はテントやシェラフ、マットなどがあればOKです。
もちろん、テントが無くても屋根のあるベンチで寝ることもできますね。
悪天候になってしまう場合を考えて宿を取ることも視野に入れておく必要があります。
常に一歩・二歩先まで見ている必要はないのですが、「もしも」のことを考えておくだけで快適なキャンプツーリングライフを送ることができると思います。
さて、もしも雨が降ってしまった場合。
手持ちのテントの防水性をアップさせておきましょう。
テントなどのキャンプ用品を販売しているお店では、防水性をアップさせる防水スプレーなどの道具も色々取り揃えていることがあるので、キャンプ用品を買いにいく時にこちらもチェックしてみましょう。
また、テントの縫い目から雨が染みこんでこないように対策をするのも重要ですね。
雨が降ってきたときはまず自分のからだを濡らさないようにします。
風邪をひいてしまったのでは、せっかくのキャンプツーリングも楽しくありません。
雨が止んだらテントを乾かすことを忘れずに!また、地図やハンディGPSがあると非常に便利ですよ。
最近のGPSはかなり高性能で、道路地図を内蔵しているものもあります。
また、ナビゲーション機能が搭載されているものもあるので使いやすいものを色々チョイスしてみても良いですね。

キャンプツーリングの場所ですが、これは1日の走行距離を決めておくと良いですよ。
宿泊日数が多くてもOKという方は1日の走行距離を少なく決めることができますね。
体力にもよりますが、1日200キロという方が多いようです。
キャンプツーリングに向いている季節はあるのでしょうか。
暑いのが平気という方もいれば、寒いのが平気という方もいます。
夏場は、体力の消耗が激しいのでロングツーリングをする際は体力を回復しながら行きましょう。
反対に冬場は、できるだけ着込んでツーリングに行きましょう。
キャンプツーリングでは、できるだけ荷物を減らしたいものです。
あまりたくさんの荷物を持っていくとスムーズなツーリングが出来なくなってしまう可能性があるからですね。
そこで、持ち物を確認してみましょう。
できるだけ、1つの道具で何役もこなしてくれるものを選び、手元にあるもので荷物の容量を減らす工夫をします。
これだけでかなり荷物の量を減らすことができますよ。
ぜひ、快適なツーリングキャンプを楽しんでください!

キャンプツーリングをしてみよう関連ページ

サマーキャンプに参加してみよう
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。
夏休みキャンプで思い出を作ろう
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。
北海道はキャンプが人気
みんなでワイワイとキャンプするのって、楽しいですよね。テントを張って、料理をして、みんなで食べて、素敵な思い出がつくれるのがキャンプの魅力です。ここではキャンプを楽しむための知識を紹介しています。